通夜【家族葬で幸せ葬儀】

本来通夜というものは死者の蘇りを願って、近親者がご遺体のそばで別れを惜しむ儀式です。最近は通常昼間に行われるため、参列には仕事に差し支える葬儀・告別式よりも、夜の少しの時間ですむ通夜は「夜間告別式」化をしていますふらふら

家族葬の通夜はごく親しい少数の人たちと、じっくりと通夜を営める点に特徴がありますわーい(嬉しい顔)

例えば通夜は遺族だけで行い、翌日の葬儀には親しい方たちに参列してもらうことも可能です。

通夜の進行は仏式のオーソドックスなものの場合、下記のように行われます。

1.受付

 30分程度前から開始します。家族葬の場合は親族で受付を担当します。

2.僧侶入場、読経、焼香

3.遺族、参列者の焼香

4.僧侶の法話

5.僧侶退場

6.喪主の挨拶

7.通夜振る舞い

 通夜の後に会葬者に酒や料理を振舞ういます。僧侶も招待し、もし僧侶が 辞退をした場合は「御膳料」「御車料」として各1万円程度をお渡ししま す。

8.夜伽

 近親者が、線香の火が夜通し消えないように遺体を守ることを言います。 しかし最近は防火の観点からできない会場もあるようです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。