危篤のお知らせ【家族葬で幸せ葬儀】

医師から危篤を告げられたときは、速やかに家族・親族に連絡を取ります。

危篤を知らせる目安は一般には本人から二親等以内の血族(親、子、兄弟、祖父母、孫)です。

また重要なのは、本人がエンディングノートで看取ってほしい人を指定している場合、忘れずに連絡することです。

その意味で、事前に危篤を連絡する方のリストアップをしておく事は重要です。

生前に会わせておきたい人には、なるべく本人の意識のあるうちに出向いてもらうようにしましょう。

連絡事項は伝え漏れがないように、以下の内容をメモをしておくといいです。

@病人が危篤であること

A病人との対面を希望すること

B病人の場所、部屋番号

C自分の連絡先

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。