家族葬とはどんなもの【家族葬で幸せ葬儀】

家族葬とはどんなものでしょうか?明確な定義があるわけではありませんが、一応「家族を中心に小人数で行う葬儀」といえます。また下記のような特徴があるといえます。

1.参列者が限定されている

多くのケースは家族、親族、親しい友人等で15人から30人程度が普通です。

2.家族葬を行うのは都市部の核家族が中心

それ以外の地域ではまだ葬儀は周囲の方たちが協力して行うものとの慣習が強いようです。

3.葬儀後死亡通知を出す
参列者を限定する関係で葬儀後に関係者に対する連絡を行います。

4.祭壇はシンプル

祭壇や焼香台はおおむねシンプルなケースが多いようです

5.香典、供物、供花

辞退することもありますが、決まりはありません。

6.会葬礼状等

こじんまりとした葬儀なので、参列された方一人一人に直接お礼を言えるため、会葬礼状は出さないことが多いです。返礼品はケースバイケースです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。