納骨【家族葬で幸せ葬儀】

納骨の時期は、いつまでにしなければいけないという決まりはありません。

四十九日の納骨が一般的なのも、親族が集まる機会であるとい理由からです。

新しくお墓を建てる場合は、納骨が一周忌や三周忌になることもあります。

この場合は「開眼法要」を兼ねて行なわれます。

開眼法要とは新しく作った仏像などに「眼」を入れることでこれにより魂が宿るといわれます。同様にお墓も開眼法要によって仏様の魂を迎えいれます。

家族葬に限らず、納骨法要の準備の進め方は通常以下の通りです。

1.日取りと参列者を決めて連絡する。

  家族葬の場合は参列者は限られますので、この辺りは比較的r楽かもしれませんね。同時に石材店にも、お墓をあけてもらうために連絡します。

2.卒塔婆をお寺に依頼

  ちなみに浄土真宗では立てません。

3.墓地の周りを掃除

4.四十九日の法要

5.お墓で納骨法要

6.墓石の後ろに卒塔婆を立てる

7.読経と焼香

8.納骨終了後会食をする

 家族葬

この記事へのコメント
美味しい甘い生活はペットリンクを受け取りました。
Posted by 花音さん家のかのん(ハモペット) at 2007年04月13日 12:23
自動で稼ぐブログはペットリンクを受け取りました。
Posted by 自動で稼ぐブログさん家の自動で稼ぐブログ(ハモペット) at 2007年04月14日 01:58
tout ira bien本はペットリンクを受け取りました。
Posted by heureuxさん家のにゃん(ハモペット) at 2007年04月14日 09:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。