家族葬後のお礼【家族葬で幸せ葬儀】

家族葬が終了した後、まず僧侶へのお礼は翌日か、翌々日には出向くようにしましょう。

金額的には最近は謝礼の規定を設けている寺院もありますので、もしそのような場合はそれに従いましょう。

また「お気持ちで」などと言われた場合は、葬祭業者に相談をしましょう。

もし家族葬におけるお布施の相場が知りかければ、全総連等に相談してもいいかもしれません。

ちなみに、葬儀の参列者の多少と、お礼の金額には関係がないと言われてはいます。ただ、家族葬で非常に小規模の葬儀の場合は必ずしもそうでもない可能性があります。このあたりも葬祭業者に相談してみましょう。

なお、このような宗教者へのお礼は相続税から控除されるため、かならず領収書をもらいましょう。

また、寺院へのお礼は白い封筒に入れて、表書きは「御布施」とします。


家族葬

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。