遺骨を迎える【家族葬で幸せ葬儀】

「骨迎え」とも言います。

遺骨、位牌は四十九日の忌明けまでは仏壇に入れません。そのときまで安置する祭壇を準備します。

これを「後飾り」の祭壇または「中陰壇」とも言われます。

通夜や葬儀に参列できなかった方が、忌明けまでに弔問に訪れたときも、この祭壇にお参りしてもらいます。

祭壇には香炉、蜀台、仏具を置き、生花や供物を供えて、遺骨、位牌、遺影を安置します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/24721638
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。