3.納棺【家族葬で幸せ葬儀】

納棺は一般的には、通夜の前に家族親族が揃ったところで行われます。

遺体を棺に収めるときは、仏式の場合、かつては経帷子、手甲・脚絆、白足袋と草鞋を逆に履かせ、六文銭を頭陀袋に入れました。

しかし仏式でも、このごろは慣習にとらわれず、故人の好きだった洋服を着せてあげることもあるようです。

棺には故人の愛用の品や家族からの手紙などを一緒に収めます。なお、金属・ガラス・プラスチックなどの品は火葬炉を傷めたり、環境にもよくないので入れないようにします。

棺はすべて寝棺(ねかん)で、ふたに窓がついて開け閉めでき、故人と対面できるものが一般的です。

いろいろな材質、価格のものがありますので、予算等に応じて選択できます。

種類としては、

@天然木棺

モミ、ヒノキ等の天然木で作られたもの。ヒノキは最高級とされます。

Aフラッシュ棺

2枚のベニヤ材の間に芯材を入れて張り合わせたもの。

B布貼棺

フラッシュ棺の上に布をはったもの。ビロードなどの高級なものもあります。

等があります。

家族葬

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/20519180
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。