葬祭ディレクター【家族葬で幸せ葬儀】

葬祭ディレクターとは、葬儀施行に関するトータルプロデュースを行える能力を持つことについて、厚生労働省の認定を受けた、葬儀のプロフェッショナルです。

2級の受験資格は、3年以上の実務経験を必要とし、1級においては実務経験を有するか、2級資格取得後2年の実務経験が必要とされています。

合格しますと、2級は葬儀を、社葬・合同葬・団体葬等の大規模葬儀施行を行う能力があると認定されます。

この資格保有者の有無が、家族葬の依頼をする葬祭業者を選ぶ際のひとつの指標になるかもしれません。

リビング葬【家族葬で幸せ葬儀】

メモリアルアートの大野屋さんが横浜に「フューネラルリビング横浜」をオープンしました。

これは、遺体を安置するリビングや、食事ができるダイニング、台所、和室などを揃え、あたかも自宅で葬儀をしているかのように葬儀ができる葬儀場です。

大野屋さんでは「リビング葬」として提案されるとのこと。

葬祭ディレクターが故人の人柄合わせた葬儀を企画してくれますし、食事はその場でスタッフが料理してくれます。また要望に対応する女性スタッフも揃ってます。

まさに家族葬対応の葬儀場ですね。

価格は二日間の利用で150万円からで、9/11から葬儀受付だそうです。

昨年東京の小平にオープンした同様の施設「フューネラルリビング小平」も人気のようですよ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。