葬儀・告別式【家族葬で幸せ葬儀】

「葬儀」は故人をこの世からあの世い引渡し、成仏させる儀式のことです。また「告別式」は信仰のあった人達が故人とのお別れをする儀式のことです。

本来別の儀式ですが、近年では一緒に行うことが多いようですね。

家族葬では告別式は行わず、葬儀に遺族と一緒に関係者が参列する形をとります。

【葬儀・告別式の進行】

@一同着席

一同が着席した後、僧侶が入場します。

A開会の辞

司会が開会を伝えます。

B宗教儀式

読経と受戒、引導等の宗教儀式(仏教の場合:浄土真宗を除く)を行います。家族葬でも宗教儀式を行う場合は実施します・

Cお別れの辞

家族葬の場合で、家族以外の参列者が少ない場合は全員が一言ずつ、お別れの言葉を言うケースもあります。

D焼香

再び読経。僧侶が焼香した後、喪主、遺族、親族、友人の順で焼香します。

E僧侶退場

F閉会の辞

司会者が葬儀・告別式を終了する旨を伝えます。参列者の少ない家族葬では、司会者を立てないで、喪主が開会・閉会の挨拶をすることもあります。

弔事と化粧【家族葬で幸せ葬儀】

弔事の化粧は控えめにすることがポイントです黒ハート。遺族側はもちろん、弔問する側も同様です。

口紅はナチュラルカラーが基本で、ツヤは抑えます。アイメイクやマニュキュアも目立たないようにします。

ロングヘアーの場合はきれいにまとめ、指輪は結婚指輪だけにします。

アクセサリーはつけないか、着けても一連のパールネックレス程度にします。

通夜【家族葬で幸せ葬儀】

本来通夜というものは死者の蘇りを願って、近親者がご遺体のそばで別れを惜しむ儀式です。最近は通常昼間に行われるため、参列には仕事に差し支える葬儀・告別式よりも、夜の少しの時間ですむ通夜は「夜間告別式」化をしていますふらふら

家族葬の通夜はごく親しい少数の人たちと、じっくりと通夜を営める点に特徴がありますわーい(嬉しい顔)

例えば通夜は遺族だけで行い、翌日の葬儀には親しい方たちに参列してもらうことも可能です。

通夜の進行は仏式のオーソドックスなものの場合、下記のように行われます。

1.受付

 30分程度前から開始します。家族葬の場合は親族で受付を担当します。

2.僧侶入場、読経、焼香

3.遺族、参列者の焼香

4.僧侶の法話

5.僧侶退場

6.喪主の挨拶

7.通夜振る舞い

 通夜の後に会葬者に酒や料理を振舞ういます。僧侶も招待し、もし僧侶が 辞退をした場合は「御膳料」「御車料」として各1万円程度をお渡ししま す。

8.夜伽

 近親者が、線香の火が夜通し消えないように遺体を守ることを言います。 しかし最近は防火の観点からできない会場もあるようです。

遺影のポイント【家族葬で幸せ葬儀】

遺影とは故人の肖像、写真のことです。以前は正装でまっすぐ前を向いた写真が多かったようです。

現在は遺影も、その人らしい自然な表情をしたものを用いられる事が多くなりました。

デジタル編集なども可能になってきていますね。

また、1枚に絞る事ができない場合は、焼香台の横に別な写真を置いてもかまわないようです。

遺影は葬儀後もずっと残るものです。慎重に故人の個性が良く現れたものを選ぶようにしましょう。

祭壇の傾向【家族葬で幸せ葬儀】

祭壇とは告別式用の装飾壇のことです。上部が宮型、寺院建築風の装飾物は輿が変形したものです。

現在では葬儀式の法要、礼拝のための装置という役割と死者を弔うための表現装置という役割があります。(「葬儀葬式大辞典」より)

祭壇はそれこそ千差万別で、葬儀の数だけ祭壇があると言っても過言ではありません。

一般的には「白木祭壇」が一番多いと思いますが、最近は特に生花で祭壇をアレンジした「生花祭壇」が人気です。

【生花祭壇のご参考サイト】

生花祭壇.com

祭壇.net

また、参列者が少人数(15人以下)の場合は、棺を花で飾り、祭壇は用いず、棺を囲む形で儀式を行う場合もあります。その際焼香台は棺の上に置きます。北米の葬儀では一般的な形だそうです。

板橋区の家族葬対応葬儀社【家族葬で幸せ葬儀】

東京都板橋区家族葬対応葬祭業者です。
契約の際は、「葬祭業者選びのポイント」をご参照のうえ、自己責任でご契約をお願いいたします。

ソーレスト板橋
東京都板橋区小茂根4-25-3
03-3956-7371

睡蓮メモリアル
東京都板橋区東山町31-13
0120-73-0108

高根商店
東京都板橋区大山町19−2
03−3956−4949

有限会社 ほくと葬礼社
東京都板橋区舟渡2-19-6
03-5914-3680

全国奉仕会
東京都板橋区高島平1-48-1
0120-849-404

家族葬対応葬祭業者(横浜)【家族葬で幸せ葬儀】

横浜市の家族葬対応葬祭業者です。

契約の際は、「葬祭業者選びのポイント」をご参照のうえ、自己責任でご契約をお願いいたします。

葬儀の横浜祭典 
神奈川県横浜市旭区本村町 45-2
045-391-7511

辰若 式場葬儀社
神奈川県横須賀市米が浜通2−5
0120-371594

セントラルホール横浜葬儀社
神奈川県横浜市南区大岡5丁目3番28号
0120-045-444

柳下葬儀社
神奈川県横浜市磯子区杉田1−1−1らびすた新杉田1F
045-771-2859

和泉葬儀社
神奈川県横浜市泉区和泉町3703-1
0120-00-2799

セレプラン
神奈川県横浜市保土ヶ谷区狩場町303-312
0120-276-286

日本葬祭
神奈川県横浜市磯子区森2−1−7
0120-051-022

リバティライフ
神奈川県横浜市中区赤門町1-3
0120-50-5291

4.葬儀の打ち合わせ【家族葬で幸せ葬儀】

葬儀の打ち合わせには、

@葬祭業者との打ち合わせ

A家族間の打ち合わせ

B宗教者との打ち合わせ

の3つがあります。

@葬祭業者との打ち合わせ

葬祭業者との打ち合わせを家族が行う際は、第三者に同席してもらうことが望ましいでしょう。悲しみと慌しさで家族は取り乱していることも多いからです。

これは、たとえ事前の相談を特定の葬祭業者としている場合も同じです。

確認事項としては

・どのような式にしたいか
葬祭業者と親族側の分担
通夜葬儀の日程 等です。

この際、葬祭業者がしてくれる事項を文書でもらうと、確認がスムーズです。
また肝心の費用に関しては、見積をとり、チェックを必ず行いましょう。

A家族間での打ち合わせ

喪主施主の決定

喪主とは葬儀の主催者です。かつては家督を継ぐ長男がなるケースが多かったのですが、今はその限りではありません。また夫婦の場合は配偶者がなることが多いですが、高齢の場合は配偶者が喪主となり、子供が施主となるケースもあります。

施主は葬儀の運営責任者です。施主となる子供が未成年者の場合は後見人を親族からたてる場合もあります。

・宗教を決める

宗教儀礼を行い、檀那寺(檀家となっている寺院)の墓地に埋葬する場合は、檀那寺の宗旨で行います。

B宗教者との打ち合わせ

仏式で行う場合僧侶との打ち合わせは欠かせません。檀那寺が遠方の場合も、まずは檀那寺の住職に相談をします。通常は枕経をあげた後に僧侶と通夜、葬儀、戒名などの相談をします。

家族葬

3.納棺【家族葬で幸せ葬儀】

納棺は一般的には、通夜の前に家族親族が揃ったところで行われます。

遺体を棺に収めるときは、仏式の場合、かつては経帷子、手甲・脚絆、白足袋と草鞋を逆に履かせ、六文銭を頭陀袋に入れました。

しかし仏式でも、このごろは慣習にとらわれず、故人の好きだった洋服を着せてあげることもあるようです。

棺には故人の愛用の品や家族からの手紙などを一緒に収めます。なお、金属・ガラス・プラスチックなどの品は火葬炉を傷めたり、環境にもよくないので入れないようにします。

棺はすべて寝棺(ねかん)で、ふたに窓がついて開け閉めでき、故人と対面できるものが一般的です。

いろいろな材質、価格のものがありますので、予算等に応じて選択できます。

種類としては、

@天然木棺

モミ、ヒノキ等の天然木で作られたもの。ヒノキは最高級とされます。

Aフラッシュ棺

2枚のベニヤ材の間に芯材を入れて張り合わせたもの。

B布貼棺

フラッシュ棺の上に布をはったもの。ビロードなどの高級なものもあります。

等があります。

家族葬

2.臨終【家族葬で幸せ葬儀】

(1)看取りと死後の処理

現代では病院で亡くなる方が8割だそうです。このため、「看取り」も病院で行われることがほとんどです。
医師が死亡を判定し、点滴などの器具を看護師が外した後、家族は順に個人の唇を水を含ませた綿棒等に含ませ濡らします。これが「死に水をとる」という行為です。

死後の処理は基本的に病院でしてくれます。体をアルコールできれいにし、口、耳、鼻、肛門から体液がでないように脱脂綿をつめます。また故人が苦しそうな表情のまま逝かれた場合は、表情を和やかに作り直してくれます。

女性は髪を整え、男性は髭をそります。最後に浴衣に着替えさせます。

(2)遺体の搬送と安置

死後の処理を終えた遺体は搬送先が決まるまで、病院の霊安室へ安置されます。この時点で葬祭業者が決まっていれば、この段階から搬送を依頼するケースが多いようです。

このときに病院から紹介された葬祭業者を安易に選んでしまうことがありますが、家族葬という新しい形の葬儀に対応していない葬祭業者も多いため、その場合は搬送のみを依頼するようにしましょう。

遺体を病院から直接斎場に搬送する場合は、病院で納棺してしまう場合もありますが、一般的には納棺はせず、斎場または自宅に着くと、通夜を行う部屋に安置します。

薄い布団に北枕に寝かせ、かけ布団は上下逆にしてかけます。布団の上には守り刀を置き、顔には白い布を被せます。

遺体のかたわらには枕飾りをします。仏式の場合は三足具といわれる香炉、燭台、花瓶を置きます。枕飾りは故人らしいものを希望した場合は、それをおいてもかまわないでしょう。

【家族葬で幸せ葬儀】

橋本元総理も家族葬【家族葬で幸せ葬儀】

元総理大臣の橋本龍太郎氏が亡くなりました。まだ68歳とお若く、既に政界は引退されていたといえ、依然外交等では積極的な活動をされており、tamamaruはまだまだお元気かと思っていました。謹んでご冥福をお祈りいたしますもうやだ〜(悲しい顔)

さて亡くなった橋本元総理ですが、記者会見で弟さんの橋本高知県知事や代議士の息子さんが、葬儀は身内だけで行うとのことをおっしゃっていました。

元総理のような有名人の場合、まずは近親者だけで「密葬」を執り行ってから、ある程度の規模の「本葬」をおこなうことが多いようです。渥美清さんや黒澤明監督なんかは家族で密葬の後、「お別れ会」を行っています。

橋本さんの場合、通夜には政財界から多くの弔問客が訪れたようですが、葬儀はあくまで家族葬というわけです(
といってもやっぱりお偉いさんは来ちゃうんでしょうか?)。

あれほどの有名人でも行う家族葬。やはりひとつの葬儀のあり方なのかもしれません。

家族葬

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。